いつまでたっても

好きな音楽のこととか

VISUAL JAPAN SUMMIT2016

私は参加していないし、wowwowオンデマンドも見ていないのですが。今の時代、ツイッターやインスタグラムでリアルな現地の声を聞けるのでそれを見るのが楽しい3日間でした。映像はまた12月の放送で見ようと思っています。そんな私のこのフェスで思ったことを書いてみます。

開催当日ぎりぎりまで不安視されていたこのフェス。なかなか出演者やタイムテーブルの発表がされず批判の声が多かったように思います。が、実際終わってみれば「行ってよかった!」の声が多く見受けられたので、なんだかんだで成功したんだなと思います。私も不安視していた一人で、正直、「このメンツで大丈夫かな?」と思っていました。まあ、X、LUNA SEAGLAYは別として、出演を期待していた中堅バンド(DIR EN GREY、the gazette、NIGHTMARE)が出ないのがすごく残念だったし、これは黒歴史になるんじゃないかと思っていました。なぜならこの人達が次世代をを引っ張って行かなければいけない存在だと思っているので。 でも結果、HYDEの「say anything」やKISSメンバーの登場、GLAYが「JOKER」カバーなどサプライズがあったりして好評に終わって良かった。若手バンドもツイッターの検索ランキング入りしたりして、話題にもなったし。

このフェスで感じたことですが、やっぱりyoshikiはエンターテイナーとしては最高なのではないでしょうか。ルナフェスと比較して、LUNA SEAはどこまででもクールでカッコイイ。そんな彼らの雰囲気が現れていたのがルナフェス。yoshikiやXは人を楽しませたり、魅せるという部分において一級品。(時間にルーズなのが難点)

 

まあでも、結局は大御所3バンド+清春HYDEあたりの評価が圧倒的に高くて、先人達を超えるようなバンドはまだ出てきてないなあという感じ。個人的に摩天楼オペラが今後化けてくれないかなと期待しています。

このフェスについて色んな出演バンドが感想を書いていますが、印象深かったのはAngeloのキリトのブログ。

『一時代を築き上げた大先輩のバンドが分け隔てなく若いバンド達と同じステージに立つという事には強いメッセージがあったように感じます。

 

想いを想いで終わらせない強い意志。

 

それを現実のものとする為に身体を張る覚悟。

 

そんな事を後輩に伝える意味もあったのかなと感じました。』

 

彼は大御所より次の世代になるのかな。さすが、長くこの世界で生き残っているだけに、若手の「憧れの先輩に会えて感動した!」みたいなキッズな感想ではなくて、冷静に状況を見ているなと。でも、ヴィジュアル系バンドファンとしては、憧れで終わらせるのではなくて、このフェスを糧にして、強い意志を持ってシーンを牽引してくれるバンドが出てくることに期待しています。

 

 

 

広告を非表示にする

SHOXX廃刊

 

音楽専科社倒産に伴い、SHOXXも廃刊だそうで。

SHOXXといえば、ヴィジュアル系バンド専門雑誌で、言わばバンギャルバイブルのようなものです。私は中学生の頃、ヴィジュアル系バンドが大っ好きで完全なバンギャルだったのですが、その当時よく買っていた音楽雑誌が「FOOL'S MATE」「ARENA37℃」「cure」「NEO」「UV」そして「SHOXX」でした。好きなバンドが表紙って聞けば発売日に本屋に駆け込んでいました。でもこの中で残っているのは「cure」だけだと思うとなんだか寂しいです。

今の時代紙媒体は売れないっていうけど、「このバンドを特集したら売れる!」みたいな圧倒的な人気のあるバンドもいないから売り上げも悪いのかなと思ったり。私がバンギャルピークだったのは2003~2010年あたりですが、当時は「ガゼット」「ナイトメア」を筆頭に、「シド」「アリス九號」「アンカフェ」などなどシーンで圧倒的人気のあるバンドがいました。特に最初の2バンドはシーンの中でも頭一つ抜けていました。関東の「PSCOMPANY」関西の「UNDERCODE」と言われるくらい人気バンドを抱えた事務所もありました。当時はこのヴィジュアル系バンドの盛り上がりを、「ネオヴィジュアル系ブーム」なんて称されて、NHKで特番が組まれるくらい盛り上がりました。90年代のブーム程ではなかったけど、あの時代にバンギャルだった身として感じるのは、今よりは絶対盛り上がってたなと。「下妻物語」「NANA」なんて映画も大々的に公開されて、当時のほとんどのバンギャルが好んで着ていたと思われるロリータファッションやパンクファッションが世間に認知されるきっかけにもなりました。

 

NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]

NANA -ナナ- スペシャル・エディション [DVD]

 

 

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

下妻物語 スタンダード・エディション [DVD]

 

いま思えば懐かしい私の青春時代。

今ってインターネットがあれば、無料でインタビューも読めるし写真も見れるし、ライブのスケジュールも分かるし、困ることないんですよね。正直、バンドの情報を得るためにわざわざ雑誌を買う意味を考えてしまいます。確かにそういう意味では雑誌は必要ないのかもしれないけれど、ネットの情報って流動的だから次々移り変わってしまうし、「残らない」ものだと思います。その反面、雑誌は10年20年経ったとき、形として残るものだと思います。具体的な例を挙げると、今から10年後に10年前に見たネットのインタビューを見返そうと思っても恐らく見つけることはできないと思います。でも、雑誌は見ることができる。ネットは情報の流れが速いし、「今」を見つめるのには便利なものだけれど、「過去」を振り返ることができるのは雑誌だと思います。

訳が分からない文章ですみません。なんとなく言いたいことを汲み取ってもらえれば・・・

余談ですが、今世界的に見てロックバンドって流行らないんですよね。今世界で最も熱いのはEDM。パソコン一台と人一人で曲ができてしまうから、敢えてメンバーを探して、楽器を練習して演奏する必要もない。楽器がなくてもメンバーがいなくても一人でカッコイイ音楽が作れる時代で、それがウケる時代です。まだ日本は若いロックバンドたくさんいるし、売れている方だと思うけど、ゆくゆくは本当にロックバンドが廃れてしまって、それに伴ってヴィジュアル系バンドも消えてしまうのではないかと思っています。海外のヴィジュアル系ブームももう下火みたいだし。そもそも伝統的なヴィジュアル系という括りに捕らわれず、それを上手く昇華して新しいジャンルを構築するようなバンドが必要なのかなあともぼんやり考えてみたり。私がヴィジュアル系バンドの音楽を初めて聴いた時、メタルよりも聴きやすい声質のボーカル、エレキギターのメロディアスなギターソロに物凄く衝撃を受けたのですが、あの衝撃とドキドキを後世の若い人達にも感じて欲しいです。

だいぶ話が逸れてまとまりのない記事になってしまいましたが今日はここまでということで。

 

広告を非表示にする